« ガンダム鉛筆削りフィギュア、その2 | トップページ | 来月のタミグラ参加します。 »

2009年3月26日 (木)

プロビデンスガンダム鉛筆削り

こんにちは。今日は鉛筆削りフィギュア3つめのプロビデンスガンダムです。これはSEED最終話でフリーダムを追い詰めたラスボスMSです。

Dsc_9474 Dsc_9478

ラウル・クルーゼがかっこ良かった。最後マスク外れるけどちゃんと見せてくれなかったな~。ドラグーンは反則~とかTV見ながら叫んだりしてました。ファンネルじゃあないんだね。

Dsc_9473 Dsc_9476

ポーズは躍動感があってかっこいいです。色分けもそこそこ綺麗です。

Dsc_9477

ただ、右腕、肩との付け根が緩いようでポロポロ外れちゃいます。ライフルが重い?

これで鉛筆削りフィギュアはおしまいです。もうこのシリーズは販売してないようです。中身が解らないから評判悪かったのかな?ではまた。

|

« ガンダム鉛筆削りフィギュア、その2 | トップページ | 来月のタミグラ参加します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207598/44474684

この記事へのトラックバック一覧です: プロビデンスガンダム鉛筆削り:

» 手動鉛筆削り8 - エグザクト(X-ACTO) 1072 [鉛筆削り色々!]
アメリカの旧き良き時代のノスタルジーを漂わせる鉛筆削り、エグザクト(X-ACTO)1072。台座に固定されたクロームシルバーの本体が、重厚な機械部品を思わせます。ユニークなのは台座を固定する機能として、吸引圧を利用していること。本体の上面部に“VACUUM MOUNT”という文字がデカデカと印字されているのも、その機能を誇らしげに訴求しているようで、見ている方も妙に納得してしまいます。台座の横についているレバーを倒して平... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 22時58分

« ガンダム鉛筆削りフィギュア、その2 | トップページ | 来月のタミグラ参加します。 »